クレジットカード現金化の換金率は実際にどれくらいなのでしょうか?

クレジットカード現金化

換金率はクレジットカード現金化業者ごとに違います

初めて現金化業者を利用してクレジットカード現金化をしようと考えた時、どれくらい現金が手元に残るのか、気になるという方も多いのではないでしょうか?

クレジットカード現金化の仕組みを簡単にご説明すると、お持ちのクレジットカードを利用し商品を購入しその商品を買い取るもしくは商品購入の特典としてキャッシュバックしてもらうことで現金化がおこなわれます。

クレジットカード現金化をする方法は他にもたくさんありますが、現金化業者を利用する方法が最も素早く現金を手にする方法です。

クレジットカード現金化を初めて業者に申込をする際、利用者は現金化業者がホームページに掲載している換金率が適用されると思うかもしれません。

残念ながら換金率は利用者の方によって変動があります。

今回はクレジットカード現金化をする上でいちばん気になる点『換金率』についてご説明します。

換金率は現金化業者によって異なります。少しでも高い換金率を実現したいとお考えの方は是非これからご紹介するクレジットカード現金化優良店を利用して少しでも高い換金率を実現してください。

クレジットカード現金化業者によって換金率は変わります

現金化業者のホームページには、どれくらいの換金率でクレジットカード現金化をしているのか記載しています。

しかし現金化業者が掲載している換金率は『最大換金率』を表記してますから、実際にご自身が利用した場合の換金率は、申込後にスタッフの方からの連絡で知ることになります。

クレジットカードの現金化を利用する場合、換金率は多くの人の関心事です。

換金率は現金化業者ごとに異なります。

  1. カードの種類
  2. 利用希望額
  3. 振込プラン

換金率は現金化業者ごとに基準を設けて設定されています。

現金化業者がクレジットカード決済代行会社に支払う手数料など、現金化業者側の経費を差し引かれ100万円前後までの相場は75%〜90%程度と言われています。

利用回数などにもよって換金率は変動します。

換金率レートは日によっても変動しています

クレジットカード現金化を利用する場合に気なる換金率ですが、調べたところ日によっても変動しているようです。

クレジットカード現金化業者は多くのキャンペーンを開催しています。

例えば>平日申込は換金率UP!など、現金化業者のホームページにはたくさんの情報が掲載されています。

最近の傾向として、女性利用者を重視している現金化業者も増え、レディースプランを設定することで換金率をやや高く設定することがあります。

振込のタイミングによっても換金率は変わります

支払い速度を考慮した現金化業者であれば、当日プランと通常プランに異なる換金率を適用することがあります。

当日プランとは当日中に振り込みされるプランで換金率は通常プランより低めに設定されています。通常プランとは振り込みまでに3日〜1週間かかるプランで当日プランより換金率が高めとなっています。

このように換金率は現金化業者によって異なるので、できるだけ高い換金率の現金化業者で換金したいものです。

換金率のレートを見るときに現金化業者のホームページに記載されている換金率を比較することは現金化業者を選択することはあまり良い結果をもたらしません。

これは最終的な換金率がホームページに記載のものよりも低くなるケースがあるからです。

クレジットカード現金化では実質換金率が重要です

実際にクレジットカードの現金化を利用する方は、現状、金銭的に余裕があるわけではありません。

もしクレジットカード現金化をしようとお考えになれば、1%でも高い換金率の現金化業者を探したいとお考えになるでしょう。

しかし、ここで一つの問題があります。

可能な限り最高の換金率を選ぶには、現金化業者のホームページをみているだけでは分かりません。

「98%の換金率これは実現可能でないことは皆さんもご存知でしょうが、現金化業者がホームページで示している換金率は実際に手元に残る換金率ではないのです。

手元に残る金額で計算される実質換金率申込後現金化業者より連絡が入ることになります。

できるだけ換金率の高いところを選びたいとしてもなかなか簡単に選びようがないのが現状です。

現金化業者の利用金額の利率の表を参照してみましょう。

確かに98%の換金率は表記しているのですが、それは100万円や200万円の利用者に適用されるものです。

現金化業者の利用者で一番多いとされているのが10万円前後と言われています。

一覧表でもわかるように100,000円前後の利用では最高換金率の適用はされません。

申し込みをお考えになっている現金化業者に申込のうえ、どれくらいの換金率になるかを確認してください。

クレジットカード現金化業者によって換金率は変動しています

クレジットカードのショッピング枠現金化を初めて使用する方の中には、クレジットカード現金化がどのようなものであるかよく知らずに使用している方もいます。

しかし現金化業者の実態を知らないと、想像していたよりも低い換金率で現金化してしまう可能性もあります。

このような間違いを起こさないためには換金率が変化する』理由を出来るだけ理解しておくと良いかもしれません。

現金化の専門店を利用する際提示された換金率は妥当か?』を判断するために、ご自身なりの判断基準があると良いかもしれません。

今回の記事では、クレジットカード現金化業者が設定している『換金率』についてご紹介させていただきます。

現金化業者ごとに変わる換金率はどのように試算されているのでしょうか?

クレジットカードのショッピング枠現金化を利用するタイミングは、以下のような場合が考えられます。

  • 借入先を増やしたくない
  • 信用情報を傷つけたくな
  • 他で借入が出来ない

このような場合、思い当たる資金繰りの方法にクレジットカード現金化があります。

多くの方は銀行や消費者金融から借入すれば?とお考えになると思います。

たしかに、今の時代の消費者金融はどこでもスピーディに審査ををするようにしていますし、貸付利率もひと昔前に比べるとかなり透明性を持って営業しています。

金利にそれほど違いを出せなくなったことから、透明性や一定期間の利息免除や融資までのスピードで、ライバル企業に差を付けようとしています。

クレジットカードを利用する前に消費者金融を選択するのは合理的です。

ただし、消費者金融はどれだけスピーディーさを売りにしているとはいえ、融資までには『様々なハードル』があります。

返済能力を疑われれば、消費者金融は回収不能の危険(リスク)を抱えてしまう事になるため、審査は慎重にならざる得ません。

また、対応がスピーディーとはいっても、多少の手間を考えると、思い立ってすぐというわけにはいきません。

  • 無職の方
  • 派遣などの正規雇用者出ない方
  • 過去に返済に遅れがあった方
  • 収入が極端に少ない方
  • 借り入れが一定額ある方

上記に該当される方は、返金能力に疑いがあると判断されやすくなってしまい審査に落ちて融資を受ける事はできないケースもあります。

  • 時間がない
  • 審査に落ちてしまった

ご覧のような方々は、消費者金融からの借入ができません。

そのような状況にある方のお金を用立てる方法は?というとクレジットカードのショッピング枠現金化が理想的です。。

クレジットカード現金化は審査不要で利用できます

クレジットカードのショッピング枠現金化とは、クレジットカードの買い物枠を使用して現金を得るという手段であり、本人名義のクレジットカードを持っている人であればどなたでも利用する事ができます。

お手元のクレジットカードを使えば、買い物枠の残高の範囲内で消費者金融からの融資より速く現金を得る事ができ、審査もないためこれまでの返済履歴や借入状況に問題がある人でも、現金を手にすることが出来るのです。

なぜ換金率は変わるのか?

ここからは、クレジットカード現金化における手数料、換金率が変わる理由についてご紹介します。

かつてのクレジットカードのショッピング枠現金化換金業者は、路面店を構えて営業し『中古品を買取する』するやり方でクレジットカードのショッピング枠を現金化していました。

例えば、ブランド品や家電製品といった買取しても転売しやすい商品ををクレジットカード決済で購入してもらい、その商品を現金化業者が買取する事によってお金に換金できます。

現金化業者が買取した商品は、独自のルートで海外や日本全国に転売されます。

その後、インターネットの普及によりクレジットカード現金化業界も店舗型からネット型にシフトしていきました。

そのため現金化業界では以下のようなメリットとデメリットが生まれました。

  • 利用者が増加
  • 悪質な業者も増加

運営している現金化業者も店舗を持つメリットがなくなったことで、現在では買取方式を使わない現金化業者がメインになっています。

現在の現金化業者は、買取方式ではなくキャッシュバック方式を採用しているところがほとんどで、現在では多くの現金化業者がキャッシュバック方式によって現金化を行なっています。

キャッシュバック方式とは、現金化業者が紹介するオンラインサイトで『キャッシュバック特典付きの商品』を購入すると、提示された還元率で現金が振り込まれるという方式で換金されます。

買取方式は、転売先の買取価格や商品のニーズにより換金率が変わります。

キャッシュバック方式は、買取方式に比べれば比較的換金率は安定します。

現在では、以前に比べて、現金化業者ごとの手数料に違いが大きいため、換金業者によって換金率に開きがあります。

他の業種と比較すると、小売店や会社ごとに仕入先の違いから販売価格が変わるということと同じように、現金化業者によって換金率の差がでます。

クレジットカード現金化業界は残念ながら、お世辞にも透明性の高い業界ではないので手数料の高い・安いは利用者の意向ではなく業者側次第というのが現状です。

利用者は換金率の高い現金化専門店を探し出せれば、他の利用者よりも高い換金率を簡単に実現できてしまうのは『クレジットカード現金化の魅力』かもしれません。

現金化業者の利益は手数料がほとんどなので、利用者の利用額が大きくなれば換金率も大きく変わります。

換金率は現金化業者次第なのでしっかり確認することが重要

クレジットカード現金化の最低申込額は『1万円〜』としている現金化業者もありますが『少額の申込の場合は現金化業者に断られる』こともあります。

換金率は現金化業者次第で大きく変動しますから、申込金額が低く少額の手数料収入となる場合は、換金率が非常に低くなる傾向にあります。

50,000円の現金が必要な方が、80%の換金率で現金化した場合、65,000円の買い物をしなければなりません。

現金化業者の利益は15,000円ですが、カード会社に支払う決済システムの利用料などの経費を引くと利益は少なくなります。

100万円の利用ならば十分な利益が確保できますが、5万円の使用では、それほど利益が得られません。

一般的な感覚では、十分な利益と考えられるかもしれませんが、利用者が限られているこのサービスでは『手数料が高くなりやすい傾向』にあります。

クレジットカードのショッピング枠現金化を使用する人の多くは、現金が早いタイミングで必要な状況の方が圧倒的に多く、小口での利用も多いのが現状です。

そのため少額利用者に対する換金率は低く設定されてしまいます。

このような要因から、換金業者が設定している換金率に変動がでるようになっています。

クレジットカードの種類によって換金率が変わる?

クレジットカード現金化の換金率が変動するもう1つの大きな理由は、利用するクレジットカードの種類です。

悪質な現金化業者の場合、その換金率の違いが顕著になりますが、カード会社により決済代行会社の手数料も変わることがあるようです。

悪質に換金率を下げようとするケース

悪質な現金化業者の決める換金率は、利用者の現金が必要な状況が切迫してればいるほど、足元を見るような形で換金率を下げるケースです。

  • Visaの場合
    「Visaは査定が厳格なので換金率○%下がります」
  • masterカードの場合
    masterカードは査定がシビアので換金率が○%下がります
  • そのほかのブランド
    お持ちのカードは審査が困難なので換金率が○%下がります

といったように、どのカードを利用しても、同じ回答をして換金率を引き下げるのです。

利用者はすぐに現金が必要であれば、多少換金率が高くても背に腹は変えられない状況ですから、現金化業者の提示する低い換金率で現金化をしなければならくなります。

悪質な現金化業者では、ホームページ上では90%の換金率と表示しておきながら、クレジットカードの種類や様々な項目を理由に手数料を要求し、60%〜70%程度の換金率になったりします。

しかしクレジットカード会社よって決済手数料が違うため、カードの種類によって換金率が変化する事に関してはある程度許容する必要があるのも事実です。

それ以外に手数料がかかり換金率が下がるケース

ご紹介している以外にクレジットカード現金化で換金率が下がるケースとして考えられるのが、JCBやAMEXといったカード現金化や不正利用に対して厳しいカード会社は換金率が下がったり、利用不可の場合もあります。

以下のブランドは、年会費も無料が多く利用されている方もたくさんいらっしゃいます。

  • Visa
  • Master
  • JCB

AMEXを愛用されている方も、ゴールドカードで年会費を支払っているいる方もいらっしゃるでしょうが、流通量が多いのは圧倒的に一般的な年会費無料のクレジットカードです。

AMEXカードといえば、富裕層に利用者が多いことでも有名なクレジットカードで年会費も高額なため、よほどのことがない限りプラチナやブラックカードを持つことは出来ません。

そのようなステータスにいる方々は、緊急の場合には容易にどこからでも資金調達は可能ですから、わざわざクレジットカードのショッピング枠現金化を利用する必要性はないでしょう。

そのため残念ながら、JCBとAMEXカードを利用して現金化をしようとした場合には換金率が下がる事があります。

さらに具体的にご紹介すると、現金化業者が使用している決済機能にも関係があります。

JCBやAMEXでショッピング枠現金化をした場合、キャッシュバック付き商品をを購入した際、現金化業者が利用する決済端末の仕様から、その多くが海外でのショッピング履歴になります。

実際の取引は国内で行われていますが、外国で買い物をした事になるのです。

外国で買い物していないにもかかわらず、外国で購入をした事になっているのはおかしいですよね?

しかし、それには理由があります。

クレジット会社は、クレジットカード利用者がどこで買い物をしたのかという履歴を全て把握することが出来ます。

つまり、クレジットカード会社は、JCBやAMEXカードを利用した不正利用を調べれば、クレジットカードの使い方がどこかおかしいとすぐに判断できるのです。

特にAMEXは限度額が大きな金額で設定されていることが多いことから、不正利用を企む人間もいます。

万が一、ショッピング枠現金化を利用している事を疑われたら、使用者に使用停止措置や退会措置などが講じられるほかクレジットカード現金化業者にも何かしらのペナルティーがあるかもしれません。

そもそも、クレジットカードのショッピング枠現金化は、公共性の高いサービスではありません。

違法性が指摘されるケースもあるサービスで、解釈によっては利用者だけでなく、現金化業者の違法性を問う事も可能な業種です。

実際のところ、クレジットカードのショッピング枠現金化現金化業者が逮捕されたケースもあります。

現金化換金業者としても、利用者がいる限り続けるでしょうが、利益にならなければ当然、経営は出来なくなります。

現金化業者としてみれば外部からの圧力や批判はできるだけ避け、利用者がいれば細々と続けていくといったサービスなのです。

そのような理由からも、JCBやAMEXでの現金化を受け入れる事によって生じる危険をできるだけ和らげるするためにも、クレジット現金化業者は、出来うる限り利用者にも安全に換金できるような対策を講じています。

したがって、それ以外のカードでの取引よりも実務上の負担なども大きくなるため、クレジットカード会社へのリスクも高くなります。

そのため、他のカードに比べ、換金率を下げているのです。

発行元によって異なる

その他の理由として、発行元によって異なるケースもあるようです。

クレジットカードには何社かの限定されたブランドがありますが、発行元は相当数あります。

一例を挙げれば、同じVisaでも、イオンが発行しているもの、セゾンが発行しているもの、三菱UFJ銀行が発行しているもの、ENEOSが発行しているもの、ツタヤが発行しているもの、セブン&アイが発行しているものなど諸々です。

この中でも、銀行が発行元になっているクレジットカードの場合は換金率が引き下げられる事があります。

これは、銀行系ではクレジットカードのショッピング枠現金化に対する取り締まりがきついため、現金化換金業者としても取り扱う危険性が高まるためです。

この危険性を考慮し、多くの手数料を受け取るために、換金率を引き下げるのです。

換金率を下げられた時の対処法

換金率引き下げに関しては、クレジットカード現金化業者によってそれぞれです。

しかし、実際に、この記事をご覧の方が、クレジットカードのショッピング枠現金化を使用する場合に換金率を引き下げると言われた場合はどのように対応すればよいのでしょうか。

利用額や現金化業者の設定による換金率の引き下げ(というよりも変化)はどうにもなりません。

利用額や現金化業者が提示している換金率は了承しなければ現金を受け取ることは困難です。

ただし、カードブランドや発行元による換金率の引き下げには慎重になった方が良いかもしれません。

悪質な現金化業者による引き下げのための手段で、正当な理由かどうかを判断する必要があります。

何十%も引き下げられるようであれば他の現金化業者を利用し、数%の引き下げであれば、検討の余地ありという判断にならざる得ません。

大幅な引き下げの時には、おそらく悪意を持った引き下げであり、全部の申請に適当な理由をつけて引き下げようとしている悪質現金化業者であると判断し、他の業者と交渉した方が良いかもしれません。

ただし、数%の引き下げの時には、換金業者が危険性への対処として引き下げを行なっている場合もあり、どこの業者も行なっている事でもあるため、仕方のないものとして受け入れる事も考えなければならないでしょう。

クレジットカード現金化の換金率は実際にどれくらいなのでしょうか? まとめ

換金率は、現金化を希望する金額によっても変わります。

利用したい現金化業者の換金率を比較し、納得できる換金率を表記している現金化業者を選ぶのが第一歩です。

ホームページに記載されている換金率と実際の換金率は、たいていの現金化業者は違います。

実際の換金率と違う現金化業者のホームページの記載の換金率は嘘というわけではありません。

あくまで最大換金率が記載されているということです。

別途手数料などが引かれるために実質の換金率が低くなってしまうということです。

まずは優良店に連絡して実際に手にできる金額を確認することがおすすめです。

買取マンボウ

ギフトカード買取 買取マンボウ

買取マンボウ 店舗情報

換金率 最大98%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 60分
振込手数料 振込手数料0円(買取マンボウが負担)
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第308841707262号
※換金率は日々変動しています詳しくは買取サイトのHPをご覧ください

ソクフリ

ギフトカード買取 ソクフリ

ソクフリ 店舗情報

換金率 最大95%
営業時間 24時間営業
振込スピード 5分〜40分
振込手数料 振込手数料:無料〜最大154円
備考 古物商許可番号:大阪府公安委員会 第621150153419号
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

ギフトグレース

ギフトカード買取 ギフトグレース

ギフトグレース 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業(定休:日曜日0時〜月曜日8時)
振込スピード 特急プラン:30分~60分
通常プラン:2時間から5時間
翌日プラン:翌日
振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料0円(ギフトグレースが負担) 総額9,999円以下の場合、振込手数料は一律216円
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第304361307130号
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

バイカ(Buyca)

ギフトカード買取 バイカ

バイカ(Buyca) 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 最速10分
振込手数料 無料
運営者情報 七福堂
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)