クレジットカードの現金化は違法? | キャッシング枠の現金化のリスク

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化に対する注意喚起の理由

クレジットカードの現金化についてご存知の方も多いのではないでしょうか?

インターネットや街の看板で見かけたことがある方も多いとおもいます。

この言葉を聞いただけでは何のことか分からない方がほとんどだと思います。

これは違法ではないのか?そんな風にお考えの方もいらっしゃるとおもいます。

クレジットカードの現金化というのはどういう仕組みなのかご説明していきます。

参考記事
ショッピング枠現金化に関する口コミは信用して大丈夫?

クレジットカードの現金化の概要や仕組み

クレジットカードのほとんどはカードを利用して現金を借りることができるキャッシング枠と、ショッピングに利用できるショッピング枠があります。

ショッピング枠とは通常、お買い物の際にカード決済に使われるものなんですが、このショッピング枠を利用して現金を入手する方法をクレジットカードの現金化と呼びます。

クレジットカードの現金化の違法とリスク

クレジットカードの現金化は先ほどの解説でもご紹介の通り、正当な手段とは言い難いことは何となく分かっていただけたかとは思います。

しかし、具体的にクレジットカード現金化が法律違反になるのかというところを見ていきたいと思います。

クレジットカード現金化は明確に法律違反とはいい難いのが現状です。

なぜならその行為自体は商品買取方式であれ、キャッシュバック方式であれ、商品を購入し、その商品が不要だあったから売却した、もしくはキャッシュバックを受けただけということになります。

最初から現金化を目的に商品を購入し、その現金化のために商品を売却した場合、規約違反に該当します。

しかしプレゼントをしようと思って商品券を購入したけれども、渡す予定がなくなってしまったので金券ショップで売却した、ということになると、行為そのものが同じであるのに受ける印象がずいぶん違ってきますね。

このような曖昧さが合法か違法かの線引きを難しくし、はっきりしないグレーゾーンになっています。

クレジットカードの現金化業者が警察に摘発されたケースもありますが、その罪は出資法違反で現金化する際に手数料が法外な金利であったため出資法の定める上限金利をはるかに超えていたために摘発されたのです。

現金化の行為そのものが違反であったわけではないのです。

しかしクレジットカードの利用規約には現金化を目的とした利用を禁じる項目があり、規約違反となりますので、クレジットカードの利用停止のリスクはあります。

法律違反でないからやってはいいということにはなりませんので、クレジットカードの現金化の利用には十分な注意が必要です。

参考記事
クレジットカード現金化とは?安全に利用するための注意点

クレジットカードの現金化の種類

クレジットカードの現金化にはさまざまな種類があります。

商品買取方式

商品買取方式とは商品券やブランド品など換金性の高い商品を買って、中古品買取業者に売って現金を得るという方法です。

この方法は自分一人で行うことができ、時間もそんなにかからずに現金を手に入れる方法なのでクレジットカードの現金化の中ではよく行われる方法としてよく目にする手段です。

キャッシュバック方式

現金化の業者から安い商品を高い金額で購入します。

その購入の特典としてキャッシュバックをしてもらうという方法です。

クレジットカード現金化の業者というのは主にこのキャッシュバック方式を使っている業者が多いです。

クレジットカード現金化に潜むリスク

クレジットカードの現金化にはさまざまなリスクが潜んでいますのでそのリスクについてご紹介します。

クレジットカード会社が不正利用と判断すれば一括返済を求められる

クレジットカードの現金化はクレジットカード会社の利用規約に違反することなので、それが発覚した場合にはクレジットカードの利用停止や解約されてしまうことがあります。

また解約された場合にはこれまでの利用代金の一括返済が求められる可能性もあります。

そうなると現金化の利用分だけでなく、通常の買い物の分やキャッシングの分も一度に返さなくてはいけなくなります。

利用額が大きくなれば大きくなるほど、日常生活ですら困難になる状況は想像に難くありません。

自己破産などの債務整理ができなくなる

クレジットカードの現金化を行うと、最終手段である自己破産ができなくなってしまいます。

クレジットカードの現金化は破産法第252条第1項第2号にある「不当な債務負担行為」にあたるとしてその場合は裁判所から免責(借金免除の許可)が下りません。

クレジットカードの現金化によって一時的に自己破産で逃れようとしても最終的に自己破産すらさせてもらえなくなってしまいます。

金銭的にマイナスが大きい

クレジットカードの現金化は手軽に現金を手に入れる手法として紹介されています。

商品買取方式であってもキャッシュバック方式であったとしても、クレジットカードで購入した商品の金額以上の現金にはなりませんから使えば使うほど負債が増えていくだけです。

またクレジットカードで現金化した支払額と手に入る現金の差額がカードローンやキャッシングでお金を借りた場合の利息よりも法外な金額になります。

手元に現金が入るまでのスピードは早いかもしれませんが、確実に損をしている取引であることは肝に命じておく必要があります。

クレジットカードの現金化を行わずカードローンなどをうまく利用することを第一に検討することをおすすめします。

参考記事
クレジットカード現金化をするのは危険?| ショッピング枠現金化は80%前後の換金率も可能

クレジットカードの現金化は違法? | キャッシング枠の現金化のリスク まとめ

これまでクレジットカードの現金化についてご紹介してきました。

違法行為かどうかの線引きは曖昧かも知れませんが、決して褒められた行為でもありませんし、むしろリスクが多く潜む行為であることはご理解いただけたかと思われます。

どうしても現金が必要になったときはキャッシングやカードローンを利用する方が最終的に返済する金額は大幅に下げることができます。

これらのサービスでも早いところでは即日融資が行われるところもあり、緊急性の高い場合にも十分に対応できます。

目先のお金に釣られれることなく、正しい方法で正しくお金を使っていくことが普通の生活を送る秘訣だと思われます。

買取マンボウ

ギフトカード買取 買取マンボウ

買取マンボウ 店舗情報

換金率 最大98%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 60分
振込手数料 振込手数料0円(買取マンボウが負担)
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第308841707262号
※換金率は日々変動しています詳しくは買取サイトのHPをご覧ください

ソクフリ

ギフトカード買取 ソクフリ

ソクフリ 店舗情報

換金率 最大95%
営業時間 24時間営業
振込スピード 5分〜40分
振込手数料 振込手数料:無料〜最大154円
備考 古物商許可番号:大阪府公安委員会 第621150153419号
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

ギフトグレース

ギフトカード買取 ギフトグレース

ギフトグレース 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業(定休:日曜日0時〜月曜日8時)
振込スピード 特急プラン:30分~60分
通常プラン:2時間から5時間
翌日プラン:翌日
振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料0円(ギフトグレースが負担) 総額9,999円以下の場合、振込手数料は一律216円
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第304361307130号
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

バイカ(Buyca)

ギフトカード買取 バイカ

バイカ(Buyca) 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 最速10分
振込手数料 無料
運営者情報 七福堂
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)