クレジットカード現金化の体験談! | 換金率や実際の入金額は?

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化の情報ならまずは口コミサイト

もはやインターネットを使わないで生活することは不可能かもしれない現代。

情報収集には口コミサイトや書き込みサイトを利用する事も多いでしょう。

レストランに宿泊施設、コスメなどリアルな利用者の体験談は参考になります。

商品を作る側の企業も良い評価を得ることができれば、評判になりますから良い口コミが欲しいのです。

クレジットカード現金化業者の場合も利用者からの口コミは大切なのでしょうか?

口コミは当然悪いよりは良い内容が良いに決まっていますよね?評判が良いとお客さんも増える可能性があります。

「クレジットカード現金化」と検索すると、たくさんの業者と共に利用者の口コミ情報を確認することが出来ます。

口コミサイトを見て安心して利用できる業者かどうか判断することが出来ます。

優良業者とは言い難い現金化業者にはネガティブな言葉が並びます。

利用客が安心して取引が出来る業者には、「対応が良かった」「記載されている換金率と変わりなく、振込みスピードも早かった」等の具体的な評価がされます。

クレジットカード現金化の口コミはブログや情報サイト、比較サイトでチェックできます。

カード現金化業界にもステマは存在している?

ただし、クレジットカード現金化に関する口コミサイトを鵜呑みにすることは少し危険な行為なのです。

原因はステマの存在によるものです。

ステマとは、ステルスマーケティングの事で、消費者に宣伝とは思わせないように、第三者的な立場を装って企業や商品を高く評価するものです。

大手のサイトでもよく見受けられることで、お金を払って良い評価を書かせたり、逆に悪い評価を書かせてライバル企業を貶めたりすることもあります。

個人のブログでも影響力のある人が、このようなやらせ行為を行っていることがあります。

ステマといえば、食べログ高評価事件がありましたね。

食べログはカカクコムが運営しているグルメサイトです。

口コミ評価の代行業者が、金銭を受け取って高評価を付けていた事が発覚しました。

営業を受けた飲食店側によって明らかにされたのです。

現金化初心者にとっては、現金化が何だかも分からないために不安が多いですよね。

それなのに口コミサイトもステマかもしれないなんて、一体何を信じたらいいのかという気持ちになってしましますよね。

現金化の仕組みだけでなく、どういった人が利用しているのかをイメージできれば使いやすさも一入ですよね!

クレジットカード現金化経験者の声

Bさん・会社員・40代

会社からの給与は全て妻に渡しています。

私の月々のお小遣いは3万円です。そのほとんどは昼食代に、コーヒー代やたばこ代に消えてしまいます。趣味や娯楽に使えるお金なんて、ほとんど残りません。

母からちょっと話があると言われ、久しぶりに実家に顔を出しました。

母はお金に困っているようで、どうにか出来ないかという相談でした。

しかし、今の私にはどうすることも出来ず、妻に相談をしました。妻の返事はノー。

私の母と妻の関係は良くはないのです。

このまま放っておくわけにもいかず、どうにか現金を用意してあげられないものかと調べたところ、「クレジットカード現金化」が最適でないかと判断しました。

業者選びに関しては、目星をつけた業者に電話をかけて調査をしました。

どの業者も対応の悪いところはなかったのですが、中には全然電話がつながらない業者もありました。

電話に出ない業者には不安を感じましたね。決め手となったポイントはプランや還元率を詳細におしえてくれたところです。

還元率は88%と悪くはないと思いました。

妻には内緒にしておきたかったので、キャッシングはしませんでした。

キャッシングやカードローンに申し込んで妻に見つかってしまうよりは、クレジットカードで何か買ったんだと思われる方がまだ良いと思ったのです。

妻にバレて、何か文句を言われたら、ゴルフクラブを買ったんだとでも言おうと考えています。

安い中古のゴルフクラブでも買ってごまかせば分からないだろうとの魂胆です。

今までクレジットカードの明細を見られたことはないので実は、不安は少ないのです。

解説

ご結婚されていると、お小遣い制になって自由に使えるお金がない方が多いものです。

様々な事情によって現金化を選ばざるを得ない方もいます。

サイトは良い感じに見えても、実際の対応が悪い業者もいます。電話をかけて対応をみるというのは良い方法なのです。

Cさん・OL・28歳

丸の内OLです。キラキラした先輩たちに合コンや飲み会に連れて行ってもらううちに、ブランドの洋服やバッグを身に着けたいと思うようになりました。

自分を良く見せたいと思うあまり、衣服やコスメ、美容と、お金がどんどん出て行ってしまうようになりました。

1人暮らしをしているので、家賃や光熱費、生活費もかかります。

節約して何とかやってきましたが、ある日銀行口座を見たらもう限界が来ていたのです。

所持金は900円、ぞっとしました。給料日までまだ2週間もあるのに現金が900円では同僚とランチもできません。

まずは不用品をフリマアプリで売却して現金を手に入れようと考えました。

衣類やアクセサリーは思った以上には高く売れませんでした。

売り上げはたったの数万円。とにかく現金を用意しなくてはと、すがりついたのがクレジットカード現金化でした。

手っ取り早く現金が手に入るのならと、還元率95%と宣伝している某現金化ショップへ申し込みをしました。

10万円の利用に対して振り込まれた金額はなんと7万円でした。

サイトで記載されている換金率は最大とのことで、更に手数料が引かれていました。

振込みが完了してしまった後だったし、少額でも現金が必要だったため納得せざるを得なかったのです。

換金率が高いというだけで詳細を調べずに利用すると、損をするのだと知りましたね。

クレジットカード現金化で見るべきなのは最低保証率だったと学びました。

このことがきっかけで、クレジットカード現金化をする時は換金率の高さだけを見て決めるのではなく、サイト全体をきちんとチェックすることが必要だと分かりました。

あと、振込み後は何を言っても無理なので換金する前に電話で疑問点は聞くべきですね。

Aさん・専業主婦・34歳

3歳の息子を持つママです。

来年の春は幼稚園に入園することになっています。

幼稚園の入園にあたり、予想以上の金額が必要だと分かりました。

幼稚園の入園料、施設費、制服や学用品一式等、トータルでおよそ、20万円の出費です。

実家に頼ることも出来ず、消費者金融のお店に行く勇気もなく困り果てていました。

消費者金融のお店に入るところをご近所の方に見られては恥だと思ったのです。

そんな時に目に入ったのが、「クレジットカード現金化」の広告です。

サラ金や融資の広告を気にして見ていた訳ではないのですが、この時はこれだ!と飛びついてしまいました。お金がなくて子供を幼稚園に入園させることが出来ないなんて絶対にしたくありませんでした。

クレジットカード一枚あれば大丈夫、そう思ったのです。

クレジットカード現金化を決めたのは、審査が不要だというところでした。

専業主婦は総量規制によってカードローンの審査も下りないと聞きます。誰にも知られることなくお金が借りられるのならこれしかないと思ったのです。

ネットで「クレジットカード現金化」と検索するとたくさんの業者がヒットします。

その中からよく出てくる名前の業者で優良店との評価がある業者を選びました。

家に居ながらにして申込みができたところが良かったですね。

小さい子供を連れて現金化のお店に入るのは躊躇われたのです。

早く資金を用意したいとの思いから、スピード重視のプランを選びました。

申込から30分が経ち、入金の確認が出来ました。5分で振込み完了との事だったので、入金がされるまでは実は不安でした。

入金がされなかったらどうしようと、どうにも落ち着かずそわそわしっぱなしでした。

初回利用は本人確認などで時間がかかるのですね。

資金を確保できて本当に安心しました。誰にも知られずに、素早くお金を用意できたことに感謝しています。

解説

小さなお子様がいらっしゃる方にとっては、自宅に居ながらにして申し込みが可能なところ、審査不要というところが使い勝手が良いと思われるようです。

現金化業者の中には入金されずに音信不通になるような悪質な業者もいますから注意して下さいね。

解説

クレジットカード現金化を初めて利用される方は換金率を一番に考えています。換金率には相場がありますから、相場がどれくらいかの確認や、お客様が申し込もうとしている金額やプランでの換金率といった、具体的な数字で詳細を確認するといいと思います。

クレジットカード現金化の体験談! | 換金率や実際の入金額は? まとめ

今回の記事では、クレジットカード現金化を利用した方の体験談をご紹介しました。

クレジットカード現金化は申し込みから15分程度ですぐにご自身の口座に現金を振込してくれるサービスです。

しかし、手数料は業者によって様々ですが、20%程度かかるサービスです。

どうしても現金が必要な時には役に立つサービスですが、利用する際は計画的に使う必要がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)