クレジットカード現金化業者の仕組み | 2つの換金方法をご紹介します!

クレジットカード現金化

クレジットカードのショッピング枠現金化とは

クレジットカードのショッピング枠現金化とはクレジットカードに付帯しているショッピング枠をお金に換金する事です。

この方法はクレジットカードでキャッシングしたり、消費者金融で新たにカードを作成して借入する事に比べると、知名度はありませんし厳禁と言われています。

インターネットのクレジット現金化の法律に関するキーワードの検索回数も意外に多く、いたるところでクレジットの現金化は違法ですか?』という質問が見受けられます。

今回の記事では『クレジットカードのショッピング枠現金化は違法なのか?』についてご紹介していきます。

結論からお伝えすると、クレジットカードのショッピング枠現金化には主に2つの手法があります。

その2つの方法は、特に法律に違反するようなものではありません。

つまり利用者に違法性はありません。

ここからは、もう少し詳しくご説明させていただきます。

現金化業者には2種類の換金方式がある

クレジットカード現金化には2種類の方式があり、ひとつの方法は違法であり、もうひとつの方法は違法ではありません。

では、その2種類の方式を見てみましょう。

買取方式

これは、換金性の高いアイテム、換金率の良い商品券・ギフトカード・新幹線の回数券などを一度クレジットカードで購入し、それを金券ショップに買い取ってもらう形で現金を得るというものです。

この換金方法は、利用者が逮捕されるということはありませんが、これはクレジットカード会社の「規約違反に該当する行為」と見なされる可能性があります。

なぜならば、クレジットカードで購入したアイテムは、残債を完済するまでは所有権がクレジットカード会社にあるからです。

つまり換金目的でクレジットカードを利用して商品を購入して転売するという行為は、所有権がご自身にないものを売却して現金を得ていると判断されてしまうと、悪質な行為と判断されれば最悪、横領罪に問われる可能性があるかもしれません。

しかし、クレジットカード現金化でこの方法を取り入れて逮捕者が出ていないのは、クレジットカード現金化によって現金を得ている利用者が非常に多く悪質とは言えないと現在のところは判断されていないからでしょう。

クレジットカード会社や警察が法的手段を取れば、民事、刑事の両面から訴訟を行うことは非常に簡単でしょうが、今の所はそれほど大きな問題とは認識されていないのが現状です。

クレジットカード会社は利用規約でクレジットカード現金化を認めていません

それだけに、クレジットカード利用者が換金性の高い商品を急に頻繁に購入したり、金額の大きい商品を1度に購入した場合などは、最悪のケースではクレジットカードの利用停止
」などの措置をとるケースがあります。

最近ではこの買取方式は、限定された商品のみに使われ、一般的な手法ではなくなりました。

キャッシュバック方式

キャッシュバック方式とは、クレジットカードのショッピング枠現金化を行なっている現金化業者を通じて、指定した商品を購入した特典としてキャッシュバックとして現金を受け取るというものです。

例を挙げると、還元率が90%のサービスを10万円分使用した場合には、キャッシュバックとして9万円の現金が得られる事となります。

このテクニックは法律によって守られているため、今のところ、指摘を受けるような違法性がないと言われています。

利用者にとっては、ショッピングしたアイテムを転売するわけでもなく、現金化業者も可能な限り、注意を払っていることからカードの使用停止措置を受ける心配もそれほど大きくありません。

キャッシング方式と景表法

キャッシュバックという方法を考える時には「景表法」を確認すると便利です。

これは、「不当景品類及び不当表示防止法」の略称であり、不当な景品や表示によって支出者に不利益が生じないように、禁止事項や諸々な定めを設けている法律です。

景表法には、クローズド懸賞型、開放懸賞型、共同懸賞型、もれなく型の4種類に区分てルールが設けられています。

このうち「もれなく型」とは、利用者に対して、もれなく特典を与えるタイプのものを指しています。

キャッシュバック方式は利用者すべてに与えられる特典であるため、これに該当するというのが現金化専門店は考えています。

もれなく型のルールは、取引額の10%以下の特典にする事であり、万が一1000円アイテムを購買したケースの特典は最高で100円になる事です。

ならば、「80%や90%といった高還元率のクレジット現金化は違法なのでは?

と思われる方も多いと思います。

もれなく型には割引券、極意バック、キャッシュバックならば10%以上の特典を付与する事が可能という特例が設けられています。

したがって、極端な事を言えばキャッシュバック率が100%であろうとも、この方法で行うクレジットカード現金化は景表法があるため、違法行為には当てはまらないという考え方です。

ではクレジットカード現金化は合法?

現在のところ、上記の主張が通れば、キャッシュバック方式での現金化は法律違反のサービスではないと言えるかもしれません。

では、利用者も罪に問われる事はないのでしょうか?

キャッシュバック方式のクレジット現金化は、大手小売店や、携帯電話会社などが行なっている「ポイント還元」と同じ形式を採用しています。

大型のショッピングサイトで家電を購入したり、新たなインターネット回線に切り替えた特典を受け取ったとしても罪に問われる事がないのと同じで、キャッシュバック方式のクレジットカードのショッピング枠現金化を利用しても違法という判断は、景表法に当てはめれば違法ではないのかもしれません。

利用者の方については、現状では大きな心配はいらないでしょう。

しかし、クレジットカード会社から、返済の意思もなく、悪質なケースと判断された場合などは、一括返済などの民事訴訟などを受ける可能性は否定できません。

そして、実際にクレジットカード現金化を行う買取業者もたくさんの手数料をとっているケースであれば貸金業法に照らし合わせて出資法での違法性を問われる可能性もあります。

クレジットカード現金化業者は気をつけて選ぶ

クレジット現金化業者はまともに運営している会社とそうでない会社があり、すべての業者に簡単に申込をしていいものではありません。様々な口コミサイトやランキングサイトを見てもその情報が正しいかは誰にもわかりません。

なぜなら、自作自演がほとんどだからです。

また、クレジットカード現金化を利用する際に、手数料として20%~30%近い手数料を取られます。

様々な角度から、クレカ現金化業者の情報収集をしなければ法律で裁かれることはなくても、悪質な手数料を取られるようなケースもあるかもしれません。

クレジットカード現金化は資金繰りが困った時には、審査もなく、かんたんに、それも即日で現金を手に入れることの出来る手段として多くの方が利用しているのは事実です。

しかし、先ほどもご紹介した通り、手数料は非常に高額になっています。

もし、急場の資金繰りが必要な方は、クレジットカード現金化業者の最大換金率に惑わされないようにしっかりと情報収集を行い、少しでも高い還元率でお手元のクレジットカードを現金に変えてください。

クレサポでも独自の調査のもと、少しでも換金率の高い現金化業者をご紹介できるようにしております。

買取マンボウ

ギフトカード買取 買取マンボウ

買取マンボウ 店舗情報

換金率 最大98%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 60分
振込手数料 振込手数料0円(買取マンボウが負担)
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第308841707262号
※換金率は日々変動しています詳しくは買取サイトのHPをご覧ください

ソクフリ

ギフトカード買取 ソクフリ

ソクフリ 店舗情報

換金率 最大95%
営業時間 24時間営業
振込スピード 5分〜40分
振込手数料 振込手数料:無料〜最大154円
備考 古物商許可番号:大阪府公安委員会 第621150153419号
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

ギフトグレース

ギフトカード買取 ギフトグレース

ギフトグレース 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業(定休:日曜日0時〜月曜日8時)
振込スピード 特急プラン:30分~60分
通常プラン:2時間から5時間
翌日プラン:翌日
振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料0円(ギフトグレースが負担) 総額9,999円以下の場合、振込手数料は一律216円
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第304361307130号
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

バイカ(Buyca)

ギフトカード買取 バイカ

バイカ(Buyca) 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 最速10分
振込手数料 無料
運営者情報 七福堂
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)