LINE(ライン)プリペイドカードの3つの換金方法と使いかた!

LINEプリペイドカード現金化

LINEプリペイドカードは換金できる?3つの換金方法を検証

今回はLINE(ライン)プリペイドカードの使い方やお金に戻したい時の換金方法をご紹介します。

LINEは無料で通話やメッセージを送ることができる日本では代表的なSNSアプリです。利用者は国内で7800万人と、日本の人口の半数以上が利用していることになります。

アプリを利用している方、は国内のみならず海外でも利用できますから、いつでもどこでも簡単にコミュニケーションをとることができます。

SNSアプリはたくさんありますが、LINEではチャットをする時にオリジナルのスタンプを利用することで、コミュニケーションがより楽しくできるところが人気の秘訣ではないでしょうか?

例えば、Facebookのスタンプとラインのスタンプを比較すると、LINEのスタンプがいかに優秀なのかは一目瞭然ですよね。

またタイムラインの機能が追加され友達に近況を写真や文章で伝える事ができます。

近年ではラインペイなどのキャッシュレス機能も登場し今では日本人にはなくてはならないアプリとして進化を続けています。

スタンプの利用で人気になったLINEですが、LINE MUSICをはじめとするデジタルコンテンツを楽しむこともできます。

スタンプや着せかえ、ゲームアイテム、LINEマンガや占いなどの有料コンテンツにはLINEプリペイドカードがご利用頂けます。

今この記事をご覧いただいている方は、LINEプリペイドについてどれくらいご存知でしょうか?

今回はLINEプリペイドの使い方や不要な場合の換金方法などについてご説明させて頂こうと思います。

ご存知のようにプリペイドの電子マネーは一度購入すると、返金対応は不可となっています。

そのためお困りの方も多いと思います。

そんな時にも役立つ情報なのでぜひ参考にしてください。

LINEプリペイドカードはどこで買えるの?

LINEプリペイドカードの購入場所について簡単にご紹介します。

ラインプリペイドカードを購入できる場所の一例をご紹介します。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ビッグカメラ
  • ヨドバシカメラ

ご覧のコンビニエンスストアやスーパーマーケットや家電量販店で購入することが出来ます。

LINEプリペイドカードがあれば、クレジットカードを持っていなくてもLINE内の有料アイテムを簡単に購入できますから、お子様のご使用にも安心です。プリペイドカードはLINEキャラクターのデザインが可愛いので、プレゼントにもぴったりです。

ラインプリペイドカードは4種類の額面が選べます。

ラインプリペイドカードの4種の額面

  • 1000円(税抜き)
  • 3000円(税抜き)
  • 5000円(税抜き)
  • バリアブルタイプ

金額固定タイプは3種類。

1500円~50000円内の金額で購入できるバリアブルタイプは店頭のレジで購入したい金額分をお店のスタッフにお伝えして買う事ができます。

ラインプリペイドカードの有効期限

ラインプリペイドカードは、購入日から一年以内にチャージをしないと、有効期限が切れてしまいます。

チャージをしてLINEクレジットになった分は、無期限で使う事ができます。

LINEプリペイドカードを購入したらすぐにチャージをするのが期限切れを防ぐ方法になります。

ラインプリペイドカードのチャージ方法

LINEプリペイドを購入したらLINE STOREにアクセスします。

LINE STOREのトップ画面に緑色の「チャージする」ボタンがありますからタップします。

LINEプリペイドカードを選んで「選択して次へ」をタップします。

プリペイドカードの裏面にあるPINコードを入力して「チャージする」を選べばチャージ完了になります。

チャージが完了したら公式スタンプや着せ替え、LINEマンガコイン、LINE GAMESでの有料アイテムのご利用が可能になります。

LINEプリペイドカードの3つの換金方法

ここまでLINEプリペイドカードの使い方について説明させて頂きましたが、プレゼント用やご自分用に購入したものの、やっぱり使わないとなることもありますよね。

人に無料で譲るのは避けたいとなれば、次に考えるのはどこで換金できるか?になります。

LINEプリペイドカードはどこで換金できるのかを探しまました。

プリペイドカードの換金といえば金券ショップが思い浮かぶと思いますが、店舗を構える金券ショップやリサイクルショップのような店舗型の買取店では換金できるのでしょうか。

残念ですが、金券ショップではLINEプリペイドカードの換金は行っていません。

金券ショップではAmazonギフト券をはじめとする電子プリペイドカードはドとんど取り扱っていません。

そんな時はインターネットを利用すれば現金化が可能になります。

ネットを利用した換金方法は以下の3つが有力です。

  1. ギフト券買取サイト
  2. ギフト券売買サイト
  3. オークションサイトの利用

上記3つの方法を利用すれば、電子ギフト券の換金が可能です。ギフト券買取サイトや売買サイトを利用するのが最適な換金方法だと考えていますが、オークションサイトに出品するという方法もあります。

ギフト券買取サイトとは

ギフト券買取サイトは電子ギフト券を扱う、ネット上の買取業者です。

取引は全てネットで完了しますから、手続きはとっても簡単です。

最も取引きされているギフト券はというと、Amazonギフト券とiTunesギフトカードです。現金への換金率は90%近く、換金までのスピードも早いです。

LINEプリペイドカードを現金化してくれるネット上の業者は非常に少ないですが、いくつかの店舗で取り扱いがあります。

LINEプリペイドの利用は未成年の方やお子様に向いていて全体的な需要はAmazonギフト券に少ないので、買取を行っている業者は限られたところしかありません。

需要が少ないということは買取率も低いことが一般的です。

LINEプリペイドカードを使わないからギフト券買取サイトを利用して換金をしたいという場合、換金率は80%前後になれば大成功です。

LINEプリペイドカードはLINE内での利用しか使うことができません。

その他の電子ギフト券も同じ仕様ですから、AmazonはAmazon公式サイト内での利用、iTunesカードはiTunes store内での利用、Google PlayカードはGoogle Play内での利用にしか使えません。

ただ、LINEプリペイドカードよりもAmazonギフト券やiTunesカード、GooglePlayカードは使っている人数に圧倒的に差があります。

Amazonで購入できる商品数は億を超えますし、iTunes storeやGooglePlayのデジタルコンテンツの量は豊富です。

そのためLINEプリペイドカードの買取率は、Amazonギフト券等よりも下がることは必然となります。

買取サイトで現金化をお考えならLINEプリペイドカードより、Amazonギフト券やiTunesカード、GooglePlayカードがおすすめです。

ギフト券買取サイト利用方法

ギフト券買取サイトは簡単に言うと、インターネット上の金券ショップです。

気に入った買取サイトを見つけたら、申込みフォームがページ内にありますからそこから名前・連絡先・メールアドレスを入力します。

買取サイトからメールか電話がきたら、ご案内通りに手続きを進めます。

ご本人確認のため身分証のアップロードが必要になります。本人確認が取れたらギフト券コードを送信します。

ギフト券コードを送信したらキャンセルができない事がほとんどですから、もし疑問な点や不明な点があったら、メールか電話で確認してからギフトコードを送信して下さい。

ギフト券コードの受け取りが確認されたら、ご自分の口座に買取代金が振り込まれます。

ギフト券買取サイト利用時の注意点

ギフト券買取サイトはお手持ちのスマホから簡単に申込みが可能です。必要なものはメールアドレス、身分証、銀行口座だけですから、手続きが完了するのもあっという間です。

しかし、注意してほしい点もあります。全ての買取サイトが安全に利用できる良心的なサイトではありません。ネット取引は簡単で素早いところが魅力ではありますが、詐欺を行う悪質な買取サイトが存在します。

悪質な買取サイトは買取代金を振り込まなかったり、ホームページには手数料無料と宣伝していたのに、キャンセルできない段階になって登録料や消費税といった、書かれていない代金が差し引かれるといったケースがあります。

悪質な買取サイトを見分ける方法は、いくつかあります。口コミサイトや比較サイトをチェックして評判の良い買取サイトを利用するのも一つです。また、買取率96%等といった高すぎる換金率の買取サイトを利用しないことも一つです。

手数料無料と大きく記載されていても利用規約には手数料がかかると説明されていたり、高換金率と記載があっても、日によって換金率が変動しますと小さく書かれていることがありますから、ホームページを隈なくチェックすることも大切です。

参考記事
LINEカードの換金方法

続きましては、ギフト券売買サイトの説明になります。

ギフト券売買サイトとは

ギフト券売買サイトは電子ギフト券を買いたい人と売りたい人をマッチングさせるプラットフォームです。様々な電子ギフト券を扱っていますから、安く買いたい人には特に利用することをオススメします。

ギフト券を高い値段で売りたい人は、時間に余裕がある場合が良いでしょう。

ギフト券売買サイトの特徴上、買いたい人が見つからなければ取引は成立しませんから、高く売りたい方の中でも、気長に売買成立を待てる方にオススメになります。

  • ベテルギフト
  • ギフティッシュ

この2店舗は30日間の返金保証があります(条件が厳しくなったので注意)から、万が一無効なギフト券を手に入れてしまった場合でも安心して対応してもらう事ができます。

どちらも業界トップクラスのギフト券売買サイトですから、安全に取引ができます。

オークションサイトを利用する方法

最後はオークションサイトに出品する方法の説明になります。

ギフト券を売却する方法にはオークションサイトの出品という方法もありますが、買取サイトに比べると手数料が高い事や、出品に手間がかかるといったデメリットがあります。

オークションサイトを利用する際は、多くの人が見るものを利用すべきです。

ヤフオクを利用してギフト券を売却すれば、価格はご自分の希望通り出品する事ができますから、落札者が現れれば満足のいく結果になるでしょう。

ただ、ギフト券売買サイトのように、常にディスカウント価格でギフト券を購入できる場所がありますから、敢えてオークションサイトで落札するという方は多いとは言えません。

落札者が現れないという結果も起こり得ますから、注意が必要です。

オークションは個人間での取引になりますから、トラブルになることもあります。

無効なギフト券の売買が行われてもヤフオクが仲介することはありませんから、トラブルに巻き込まれた際の解決方法は面倒なものになります。

ギフト券買取サイトのように、無効なギフト券の返金保証を行っている業者を利用するのが安心、安全な取引を実現すると思います。

LINE(ライン)プリペイドカードの使い方やお金に変えたい時の現金化の方法とは? まとめ

今回は、LINEプリペイドカードについて使い方から換金方法までご説明させて頂きましたが、現金化を希望される方には、ギフト券売買サイトの利用と買取サイトの利用が適している事をお分かりいただけましたでしょうか。

電子プリペイドカードは様々な企業で独自のものが発行されています。便利に利用したり、現金化したりと、ご自分の状況に合わせた使い方をしてみて下さいね。

買取マンボウ

ギフトカード買取 買取マンボウ

買取マンボウ 店舗情報

換金率 最大98%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 60分
振込手数料 振込手数料0円(買取マンボウが負担)
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第308841707262号
※換金率は日々変動しています詳しくは買取サイトのHPをご覧ください

ソクフリ

ギフトカード買取 ソクフリ

ソクフリ 店舗情報

換金率 最大95%
営業時間 24時間営業
振込スピード 5分〜40分
振込手数料 振込手数料:無料〜最大154円
備考 古物商許可番号:大阪府公安委員会 第621150153419号
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

ギフトグレース

ギフトカード買取 ギフトグレース

ギフトグレース 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業(定休:日曜日0時〜月曜日8時)
振込スピード 特急プラン:30分~60分
通常プラン:2時間から5時間
翌日プラン:翌日
振込手数料 総額1万円以上の利用は振込手数料0円(ギフトグレースが負担) 総額9,999円以下の場合、振込手数料は一律216円
備考 古物商許可番号:東京都公安委員会 第304361307130号
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

バイカ(Buyca)

ギフトカード買取 バイカ

バイカ(Buyca) 店舗情報

換金率 最大95%(初回利用は優遇)
営業時間 24時間営業
振込スピード 最速10分
振込手数料 無料
運営者情報 七福堂
※換金率は日々変動しています詳しくはHPをご覧ください

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)