携帯キャリア決済の限度額を現金化!90%の換金率で安全にやるための手順と3つのポイント

キャリア決済現金化

まだカードで現金化してるの?時代は携帯決済現金化!

クレジットカード現金化やAmazonギフト券現金化は、ピンチの時には非常にありがたい換金方法です。

最近は現金化の業界にもDXの波が押し寄せているのかもしれません。

今回は携帯キャリア決済を利用した現金化の方法をお伝えします。

  • スマホ現金化
  • 携帯現金化
  • キャリア決済現金化
  • カードがなくても現金化

これ全部携帯決済のことです。

そもそも携帯決済ってなんだかわかりますか?

携帯決済サービスはクレジットカードみたいなもの

みなさんは、普段の生活で買い物する時や飲食店での支払いは何で行っていますか?現金かクレジットカードを使っている方がほとんどですよね。

最近はスイカやnanacoなどの電子マネーが使える場所も多くなりましたね。キャッシュレス化が進み、現金を持ち歩かなくてもいい便利な時代になりました。

今まではクレジットカードや電子マネーを利用する事が出来ないお店もあって、現金がないと困ることも多かったと思いますが、電子マネーの普及によって日本でも現金を持たないで出歩く人が増えてキャッシュレスが当たり前のようになってきています。

クレジットカードや電子マネー以外にも決済方法はあるのですが、それは何かご存知でしょうか。ヒントはみなさんお持ちの携帯電話についているサービスです。

携帯電話でできる決済というと、オサイフケータイを思い浮かべますよね。オサイフケータイは楽天EdyやiDを使用するものでお金をチャージして使う形のものです。
もう一つは、クレジットカードのようにショッピング等で使った料金が後で請求されるタイプです。これが携帯決済の支払いの形になります。

携帯決済の支払い方法はクレジットカードの支払いとほぼ同じで、買い物をした後に料金が請求される、後払い方式です。クレジットカードの審査に通らなかった人も、収入が無い人でも使えるサービスなのです。

更にはクレジットカードの支払が滞って使用停止になってしまった人も、借金がかさんで債務整理をしているでも携帯決済は利用できるのです。つまりは誰でもが使える決済方法なのです。だからこの携帯決済を利用する人が今とても増えているのです。

携帯決済のもう一つの活用方法

買い物をするときに現金を使わずに支払いができるサービスが携帯決済です。

携帯決済の種類

携帯決済はドコモ、ソフトバンク、auの携帯をお使いであれば、誰でも簡単に利用できる現金化の方法でもあるのです。大手携帯会社なので安心だし、容易に現金化できるなんて使い勝手が良さそうですよね。

各社のサービスはどのように呼ばれているかを下記にまとめました。

  • ドコモ:d払い
  • ソフトバンク:ソフトバンクまとめて支払い
  • au:auかんたん決済

当然ながら、携帯決済で買い物をすればクレジットカード同様、後日支払いの請求が送られてきます。

ということは、クレジットカードのショッピング枠と同じように現金化できるといことになります。

「ショッピング枠を有効活用!」、「カードで現金化」、「カードでお金」など、こういった看板を街で見かけたことはありませんか?クレジットカード現金化の業者では換金性の高い商品をショッピング枠で購入して換金することによって現金に変えることを行っています。

すなわち、携帯決済もクレジットカードと同じように買い物ができるわけですから、携帯決済でも換金率の高い商品を購入して買取をしてもらえばいいということになります。

更には携帯決済でキャッシュバック特典付き商品を販売しているお店があるとしたらキャッシュバックによる現金化も可能になるのではないでしょうか。

今まではクレジットカードのショッピング枠で現金化するというのが主流でしたが、携帯決済現金化はクレジットカード不要、審査不要という新しい形の現金化サービスです。

携帯決済現金化の専門業者は2019年現在10社くらい存在しています。

クレジットカード現金化を行っている業者でも携帯決済現金化に対応してくれる業者もあります。

業者の数がまだまだ少ないこの現状をみれば、この携帯決済が普及したばかりのサービスといったことがわかりますよね。

ほとんどの人は自分が持っている携帯にクレジットカード的なサービスがあるとも知らないのではないでしょうか。

携帯決済はコンビニや街のショッピングセンターではなく、インターネット上の一部サービスでしか使うことができません。オサイフケータイと比べると実店舗で使うことができないので認知度が低く、需要もまだこれからといったところです。

新しい決済サービスとしてこれから成長していくだろうと思われる携帯決済ですが、ちょっとデメリットに感じるところもあります。

利用上限の金額が少額なのです。

クレジットカード現金化のように何十万円も現金化できるわけではないので、事業資金に充てるといったことはできません。現在、携帯決済で利用できる金額は最大10万円です。

利用限度額が少ないため、現金化の用途が限られてしまい、多くの人が利用できるサービスとは言いがたいのです。

とはいっても、一般的な見解では5万円から10万円というのはそこそこの大金ですから何かをする時には充分に満足できる金額ではないでしょうか。8割の国民が納得のいく金額であるといってもいいですよね。

10万円以上の高額な現金化は望めませんが、だれでもが簡単に利用できる庶民的なサービスとしてこれから伸びる決済手段になるでしょう。

携帯決済の使い方

携帯決済にはクレジットカードは一切不要です。では実際この携帯決済どうやって使うのでしょうか。携帯3大会社ドコモ、ソフトバンク、auで携帯決済は可能になりますが、まずはそれぞれぞれのホームページにログインする事から始まります。

このホームページにログインする際に必要なものが

  1. ID
  2. パスワード
  3. 暗証番号

この3つです。

暗証番号ですが、これは携帯電話を契約した時に決めた4桁の暗証番号のことです。ID、パスワード、暗証番号のこの3つさえ入力できれば携帯決済が可能になります。

暗証番号については、携帯電話の機能やサービスにあんまり興味がない人や詳しくない人は記憶になかったりわからないかもしれませんが、携帯会社に問い合わせをすれば誰でも確認できますから大丈夫です。

携帯電話を新規契約されたばかりの人、初めてのご利用や初めて契約する方は決済の利用上限が1万円までに設定されています。

利用上限の金額は利用している年数やご利用者の年齢、使用履歴によって増額することも可能です。事前に各社のマイページで確認しておきましょう。

携帯決済の仕組みや使い方についてはここまでの説明から理解してもらえたとおもいます。

大至急現金が必要な時も、この携帯決済現金化なら即日振込が可能だということも含めて便利な決済サービスですよね。

一つだけ注意してもらいたいことがあります。

この携帯決済、換金率が結構低いのです。これはインターネット上で営業している業者、全てにあてはまることです。

実際に、私も携帯決済現金化を行っている業者に取材してみましたが、ほとんどの業者が換金率60~70%であり、業者さんの雰囲気も最悪でした。

「お金ないんだよね?今すぐ欲しいのなら仕方ないでしょ?」

という感じの高圧的な態度に感じられました。

今すぐ現金が必要だからといって低い換金率をのんでも、それはその場しのぎにしかなりませんよね。支払期日は絶対にやってきますから、結局支払時にじり貧になっているのは簡単に想像できます。

また、支払いに関して言えば、携帯決済での現金化の決済は、一括払いのみです。分割払いやリボ払いといった選択肢はありません。現金化したい人はみんなそうだと思いますが、できるだけ換金率の高いもので現金化したいですよね。

この記事で紹介する業者は、携帯決済現金化業者の中でも優良な業者、更に換金率90%以上という業者です。取引するにあたってここだけは押さえておきたいというポイントがあります。

  1. 安心して取引できる
  2. 煩わしい手間がいらない
  3. 速攻で現金が手に入る
  4. 換金率は8割以上

このサイトで紹介している業者はこの条件をクリアしている優良店ですから、トラブルになるかもしれないなんて不安は一切感じることはなく、損させられる心配もなく現金を手に入れられることができます。スマホで現金ゲット、検討中の方はこの記事を参考にしてみて下さいね。

携帯決済で高い換金率で現金化する方法-換金率が高く現金化できる理由とは

携帯決済現金化の業者が60~70%でしか換金してくれないのに、なんでそれが90%にまでなるんだろうと不思議に思いますよね。

それって見せかけだけで結局は手数料とかなんとか言ってきて騙されたような気分になるのがオチなんじゃないか、と思うのも無理はないですよね。

携帯会社で発行しているプリペイドカードの存在を知っていますか?実はこのプリペイドカードを使って換金率の高い現金化が実現するのです。では、このプリペイドカードで何を買うのか?

それは『アマゾンギフト券』です。

今までは携帯決済で購入できる商品というと、そんなに選択肢がありませんでした。だいたいネックレスなどが主流であり、高い換金率を望めるとは言えませんでした。

しかし、プリペイドカードを使ってアマゾンギフト券を買う事が可能になった今では、換金率90%以上で現金を手に入れることができるようになったのです。そのため、携帯決済で換金率が90%以上という取引が安全な方法として紹介できるようになったのです。

ではアマゾンギフト券はどのプリペイドカードであれば購入できるのでしょうか。

  1. auWallet
  2. dカードプリペイド
  3. ソフトバンクカード

この3種類のいづれかのプリペイドカードであれば問題なくご利用できます。現金が必要な方はこのプリペイドカードを発行して携帯決済現金化をお試してみて下さいね。

プリペイドカードがなくても現金化できる方法も他にあります。

i-tunesカード

i-tunesカードならプリペイドカードがなくても携帯決済で現金化が可能です。どこで購入するのかというと、各携帯会社の公式サイトのオンラインショップになります。

そこでi-tunesコードを購入することができます。そしてそのi-tunesコードを買取業者に買取をしてもらえば現金化となります。

ただ、i-tunesコードを買取してくれる業者はあまり数が多くないのが現状です。

アマゾンギフト券と比べると換金率は低くなりますがi-tunesコードを利用した換金方法は最も簡単に現金化できる方法ではあります。

換金率が少し低くなっても簡単な方が良いと思う方はi-tunesコード購入が良いのではないでしょうか。

暗証番号ですが、これは携帯電話を契約した時に決めた4桁の暗証番号のことです。ID、パスワード、暗証番号のこの3つさえ入力できれば携帯決済が可能になります。

すぐにお金を使いたいなら携帯キャリア決済を現金化!90%の換金率で安全にやるための手順と3つのポイント まとめ

少し怪しげに感じる資金調達法である、「カードでお金」「ショッピング枠で現金化」は違法ビジネスとまではいきませんが絶対安全な金銭を工面する手段とは言い難いものです。

クレジットカード会社の規約ではショッピング枠を使用して換金目的で商品を購入するという行為を認めていません。利用契約違反となってしまいます。2011年には逮捕された事例もあり、価値のない業者指定の商品を高額決済する行為は商品売買を装った貸金業とみなされてしまうからです。

令和の時代、使いたい現金化サービスはクレジットカード現金化のように多少のリスクはあって当たり前というものでないサービスが良いですよね。

クレジットカードのように審査もいらず、どんな人でも気軽に簡単に利用できるのですから需要はますます増えていくでしょうね。
街でみかける「カードでマネー」「ショッピング枠現金化」も今後は「スマホでマネー」といった、携帯決済が一般的になることはもはや時間の問題ではないでしょうか。

「スマホで現金化」の看板を街中で目にするようになることはないでしょう、というのもインターネットを必要とするものですから、わざわざリアルに広告を出す必要もないからです。これからの世の中でインターネットは更なる発展をしていくでしょうから、携帯決済現金化は時代の最先端をいく金銭工面の手段になるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)